小仙波堀の内-埼玉県-~城と古戦場~

小仙波堀の内

小仙波堀の内(★埼玉県川越市西小仙波町)

『埼玉の中世城館跡』は、年代未詳の館跡で、「小仙波堀の内1-21」を所在地とし、現状は寺院・神社、台地で、遺構は堀と記している。

『埼玉の城館跡』は、「鎌倉時代中期、尊海が開基した無量寿寺のあとで、江戸時代初期に東照宮が建築されたが、それらの寺社の堀の内なのか、それ以前の中世の館址なのかは不明。」とし遺構は「土塁・水堀共なし。空堀一部残存。」という。

川越の名刹・喜多院の周辺には「堀の内」との地名が残り、中世城館を連想させる。

壮大な空堀が残っているが、これは江戸時代の防御設備らしく、ここに中世城館が存在したのかは明確ではない。

(参考サイト・城郭図鑑 そこに城があるから 城跡ほっつき歩記 埼玉の古城址

 

 

(【左写真】喜多院。荘厳な名刹である。【右写真】どろぼうばし付近の空堀。とても規模の大きいものである。)

(空堀は江戸時代の所為で、堀の内の由来は文明ではないらしい。)

 

  (2016/5/7訪問)

戻る

城と古戦場 

inserted by FC2 system